Go home

合成不確かさ

使用する変数 - 入力例

変数の数値と不確かさ - 標準不確かさ

\( x = \) \( \pm \)
\( y = \) \( \pm \)

関数の入力 - 文法

\( F = \)

入力した関数が正しく表示されているかご確認ください。 \[ \begin{align} F = {{\pi\,x^2\,y}\over{4}} \end{align} \] \[ \begin{align} 3523.0 \pm 1.6 \end{align} \] JSON形式で取得 - 計算内容を共有